弁護士費用

弁護士費用について

  • 弁護士費用の主たるものは、①着手金、②報酬金です。
  • 「着手金」とは、事件をご依頼頂く際に頂く費用であり、「報酬金」とは、事件の終了時に頂く費用です。
  • 「着手金」や「報酬金」は、ご依頼頂いた事件の種類や規模(報酬金の場合には解決した際に得られる利益の程度)により金額はまちまちです。
  • ご相談の際、算定根拠を示して、具体的にご説明し、必要であれば、見積書も作成させて頂きます。
    その場でご決断頂く必要はありませんので、金額面も含めてご検討頂き、後日、ご回答頂ければ結構です。
  • その他の弁護士費用として、③手数料、④日当、⑤顧問料があります。費用については、ご相談の際に、ご説明します。
  • その他に「実費」「預かり金]というものがあります。これは、事件をお請けする際に、お預かりするもので、裁判所に提出する書類に貼る印紙代、裁判所に納める切手代、弁護士の交通費等に費消し、事件終了時に精算し、精算時に明細をお出しします。
  • 弁護士費用については、契約書に金額あるいは算定方法を明記し、当事務所と依頼者さんが各1通を持つこととなりますので、ご安心下さい。
  • 当事務所は、「日本司法支援センター」(法テラス)に登録しております。
    一定の収入要件等を充たすことができる方については、法テラスの審査を受けて、法テラスによる代理援助・書類作成援助を受けることができます。
    具体的には、一旦、法テラスから弁護士に費用を立て替え支出してもらい、後日、法テラスに分割で費用を支払っていくことが可能です。

ご不明な点については、
  当事務所あるいは
  法テラス滋賀(〒520-0047 大津市浜大津1-2-22 大津商中日生ビル5F電話・050-3383-5454)
  までお問い合せ下さい。

ページ先頭へ